福岡で医学部の予備校を選ぶカギとは?

受験に必要なのは学力と「正確でタイムリ−な情報」

医学部 予備校 福岡医学部受験の予備校比較なら 医学部予備校ガイド

少子化が進んで問題となっている世の中にもかかわらず、大学入試は年々厳しくなっていると言われています。
その原因は、大学自体が以前に比べて合格者の数を絞っているということもありますが、やっぱり人気の大学に志望者が殺到して、ますます門が狭くなっているということもありますよね。
そんな状況の中で、ひと昔前に比べて最も様変わりしたのが医学部なのではないでしょうか。
昔だったら私立ならばそれほど偏差値が高くない大学もあったのに、今や一番偏差値が低いと言われているところでも、難関大学の理系よりも偏差値が高かったりしますよね。
そうなると頼みの綱は、予備校だったりします。
それも医学部に特化した専門性のあるところが一番頼れるのではないでしょうか。
受験に必要なのは学力アップは当然のことですが、それと同じくらい「正確でタイムリ−な情報」というのがあります。
専門性の高いところならば目指す大学の出題傾向だけでなく、合格するために必要な情報をたくさん持っているため、いわゆる「出遅れた」ということを避けることができますよね。
さて、受験を考える際に予備校選びはとても重要なことではありますが、大手だからといって良いというものではありません。

後期は安全だと思ってたのでちょっと凹みました。
福岡市の予備校で国立医学部を目指して頑張ったんですけど、センター取れずに撃沈。
練習で唯一受けてた私大に受かって、進学。
もうすぐ医学部の4年です。

— ドラゴン桜_bot(非公式) (@sakuragiken_bot) 2012年2月4日

受験に必要なのは学力と「正確でタイムリ−な情報」通学に時間が掛かるって結構なハンデなんです必ず自分で足を運んで実際に自分の目で見て選ぶことが重要