1. 放っておくと危ない!気になる症状TOP
  2. 気になる症状と危ない病気
  3. 視野に障害が出る原因と気になる病気

視野に障害が出る原因と気になる病気

視野に障害が出る原因にはどんなものがあるのでしょうか?急に、または徐々になど、視野障害の状況によって異なる病気についてご説明しています。

視野障害といっても、急に見えなくなったのか、徐々に症状が出たのか、その症状は、など、様々ですね。

ここでは順番にご説明していきたいと思います。

まずは、急にものが見えにくくなった、もしくは見えなくなってしまった場合。

こちらの障害の原因として一番考えられるのは脳疾患をはじめとする血流障害です。

脳などの血管がつまったことで、視野に影響が出ていることが多いのですね。

そのほかに、緑内障も急激な視野障害を起こします。

緑内障なら、嘔吐、頭痛、目の痛みなどの他の症状も激しいのが特徴ですが、とにかく早めに受診することが大切。

早ければ早いほど、後遺症が残りにくいのです。

では、徐々に、症状が進んでいった場合。

これは色々なケースがありますが、黒っぽい影がチラチラする、暗いはずの部屋などで明るい光が見える、等の障害は加齢によるものなら特に恐いものではありません。

ただ、網膜はく離や眼底出血などでも同じ症状が現れますので、こちらも早めに眼科へ行くようにしてください。

ものが二重に見えるなら白内障や、外眼筋麻痺などが疑われます。

一般に、片方だけの目が二重に見えるなら白内障、両目であれば外眼筋麻痺と言われますが、特に後者の場合は脳梗塞等の脳疾患が大元の原因になっていることもあるので、要注意です。

視野が狭くなった、もしくは左、右、下、などの一部が見えないなら緑内障などの眼病だけでなく、やはり脳腫瘍等脳疾患の危険もあります。

このほかに、やけに物がまぶしく感じたり、歪んで見えたりと言った目の症状もありますが、どれも放置したり受診が遅れると危険です。

眼だけが原因であれ、脳疾患であれ、視野障害を感じたら急いで医療機関を受診することをおすすめします。

スポンサードリンク