放っておくと危ない!気になる症状 TOP  >  ろれつが回らない原因と気になる病気

ろれつが回らない原因と気になる病気

ろれつが回らないというのは一体どんな時に起こる症状なのでしょうか?ろれつが回らないいくつかの原因と、隠れているかもしれない病気について。

ろれつが回らない、というと、やはり脳疾患が恐いという印象があります。

少し前にも中川大臣が会見で失態を演じた時がありましたね。

あの時、あまりのろれつが回らない様子に、『もしや何か病気では?』と心配になった方もいらしたことでしょう。


一番よく言われるのは、脳梗塞の初期症状

ろれつが回らなかったり、手足のしびれがあったり、物を落としてしまったり。

これらはやはり脳梗塞の疑いが濃厚ですから、できれば早めに脳外科を受診するようにしてください。

早期発見できれば、大事にいたらずに済むのです。

» 脳血管病変を破裂(発症)前に発見し治療することを可能にした脳ドック


でも、ここで異常が発見できなかったから、即なんともない、というわけにはいかないようです。

あまり知られていない病気なのですが、脳脊髄液減少症という病気でも、ろれつが回らない状態が起きます。

これは低髄液圧症候群とも呼ばれており、舌がもつれるほかに、頭痛やめまい、吐き気、視力障害などの症状が起きるようですが、基本的にほとんど知られていない病気のため、医療機関でも見逃されるケースがままある病気です。

原因、治療法ともにまだはっきりとはしていないので、脳梗塞でもないし、大したことではない、とされてしまう患者さんも多くいましたが、最近ではようやく徐々に病気が知られ、医師の対応も進化してきました。


また、ろれつが回らない病気ではほかに非流暢性失語症、運動障害性構音障害などがあげられます。

前者は大脳皮質の損傷、後者は舌・のどなどの運動障害が原因です。

さらにそれらの背後にあるのは、脳梗塞、脳出血等のほか、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症といった病気も挙げられます。

舌自体が異常であるケースには、舌腫瘍の危険もあります。

ろれつが回らないと感じたら、一体どれが原因にせよ、放置せず、なるべく早めに受診して検査を受けておくことが、早期発見、治療につながります。

» 脳に関する病気は早期発見が第一です→脳ドック