1. 放っておくと危ない!気になる症状TOP
  2. 気になる症状と危ない病気
  3. めまい&ふらつきの原因と気になる病気

めまい&ふらつきの原因と気になる病気

めまい&ふらつきの、主な原因とはどのようなものなのでしょうか?そして、そのめまい&ふらつきの原因となる、気になる病気についてもご説明しています。

めまい、ふらつきは日常よく起こるので、そんなに気にならないで過ごしてしまいがちですが、頻繁だったりすると、やっぱり病気かな?と気になりますよね。

めまい、ふらつきは大きく三つの種類に分けることができ、それらの中でさらに細かく分けることができます。

まず、グルグルと、あたりが回っているように感じるものは回転性めまい。

こちらは耳の内部にある三半規管に原因があることが多くなっています。

まず、隠れた病気として疑われるのは、リンパ液が増えてしまう、もしくはリンパ液が吸収されにくくなって起こるメニエール病。

次いで、内耳炎・前庭神経炎という病気があげられますが、メニエール病とこの2つの病気は、ともに自律神経失調症が高い確率で隠れていることが多いようです。

回転性で最後にもうひとつ、良性発作性頭位めまい症という病気があげられ、これは同じ回転性でも原因が全く違い、耳石と呼ばれる物質(カルシウム)が三半規管内のリンパ液に入ってしまったことで起こるのだとか。

どちらにせよ、これら回転性の場合は基本的に脳の病気であることは少なく、耳鼻科系の三半規管が原因と見ることが多いですね。

次にふらつきを感じる動揺性めまい。

こちらの原因箇所は、脳の脳幹・小脳で、中でも中枢性と呼ばれるものは腫瘍や梗塞といった重大な病気が隠れていることも多いですから、気になるようならできるだけ早く脳神経外科を受診し、きちんと検査を受けることをおすすめします。

このほかにも回転性と同じく自律神経失調症や、貧血などが原因の全身性、薬の副作用で起こる薬剤性、はっきりとした病気が分からず、ストレスが疑われる心因性があります。

基本的に動揺性の中で一番危険な病気が疑われるのは中枢性ですが、自分で判断するのは難しいですから、心配があれば専門の病院で見てもらいましょう。

回転性、動揺性についでめまいの三つ目は、眼前暗黒感です。

こちらは立ちくらみとも呼ばれ、血圧低下や体位変動、出血性、薬剤性やまれにアナフィラキシーなどが疑われます。

特に体内出血は潰瘍の心配もありますし、血圧低下などの循環器系の障害があれば隠れた原因に心臓の病気もあるかもしれません。

おかしいな、と感じたら、医療機関を受診してみることをおすすめします。

スポンサードリンク