1. 放っておくと危ない!気になる症状TOP
  2. 気になる症状と危ない病気
  3. 過呼吸の原因と気になる病気

過呼吸の原因と気になる病気

とてもつらい症状で、なった場合は不安を感じる過呼吸ですが、その原因とは?過呼吸の原因と、それに隠されている可能性のある病気についても。

過呼吸発作は、とても辛いものですよね。

吸っても吸っても息ができないように感じて、このまま死ぬのでは、と思うことさえあるといいます。

基本的には、どれだけ辛い発作でも決して後遺症や最悪死、などにつながることはないので安心しても大丈夫です。

さて、過呼吸が起きる原因とは一体なんなのでしょう?

呼吸を必要以上に行うこと、それはわかっていますが、ではなぜ必要以上の呼吸をしてしまうのか?

これはパニック障害など、精神的な要因であったり、運動によって引き起こされる場合もあります。

とりあえずの対処としては、ペーパーバッグ法と呼ばれる、紙袋を口に当てて呼吸をするというもの。

つまり、吸いすぎた酸素が原因で血液中の二酸化炭素濃度が極端に低下している状態を正常に戻すため、自ら吐いた二酸化炭素をまた取り込めばいいというわけですね。

過呼吸発作は誰でも起こす可能性はありますし、原因も緊張や不安、なれない運動などさまざまですが、やはり精神面が原因となることが多いようです。

不安感の強い人、何度も発作を起こしている人はペーパーバッグ法をすぐ行えるようにしておくと安心ですね。

また、過呼吸発作と似た、異常な頻呼吸には心筋梗塞などの病気の症状である場合もありますので、ペーパーバッグ法をためしてもよくならない場合、どうせ過呼吸だからと勝手に判断せず医療機関を受診しましょう。

万が一、それがパニック障害や運動による過呼吸発作でなかった場合は死亡するケースもあるので要注意です。

スポンサードリンク